推定読書時間: 9分

PrescienTraderは、AmiBrokerパラメーターウィンドウで広範な構成オプションを提供します。これらのパラメーターを使用すると、さまざまな市場、時間枠、さまざまな種類のデータ入力などに合わせてアルゴリズムを調整できます。

[パラメータ]ウィンドウを開くには、PrescienTraderチャートを右クリックして[ パラメーター コンテキストメニューから。


APIキー

APIキー システム内でユーザーを一意に識別して認証するユーザー名とパスワードの組み合わせのようなものです。 PrescienTradingアカウントでAPIキーを取得できます。 PrescienTradingアカウントをまだお持ちでない場合は、次のことができます サインアップ 無料で。記事をご覧ください、 PrescienTraderチャートペインの作成、APIキーの取得と入力の詳細について。

The API Key parameter only appears in the Parameters window for charts, not the analysis Parameters window. However, once you set your API key, it’s permanently saved and will be used automatically, whenever you create a new chart or analysis.

Log File Path

This setting only appears in the Parameters window when running an analysis (Exploration, Backtest, Optimization, etc… It does ない appear in the chart Parameters window. If you enter a file path, PrescienTrader will log all status updates to the specified file, in addition to outputting to the log window. The log window only retains a few thousand lines, while the log file has no size limit. Thus, it’s useful when running long optimizations, that may run for many hours or even days. It creates a full log of everything that happened, in case you get any errors due to lost Internet connection or other technical issues.

When entering the file path, enter the full path to the log file you want to create. For example:

C:\Users\John Doe\PrescienTrader.log

You may also use the {PID} placeholder in the file path. This will be replaced with the process ID of the running AmiBroker instance. The process ID is an arbitrary number assigned by the system to a running application. Since each AmiBroker instance has a unique process ID, this allows you to create a separate log file for each AmiBroker instance, when running multiple instances simultaneously. For example:

C:\Users\John Doe\PrescienTrader-{PID}.log

Once you set the Log File Path, it’s permanently saved and will automatically be filled in, whenever you create a new analysis. If you don’t want to create log files, leave this setting blank.

データシリーズ

[データシリーズ]パラメーターを使用すると、分析するデータシリーズを選択できます。組み込みオプションには 開いた, 高い, 低い, 閉じる, 平均, ボリューム そして 建玉。デフォルト設定はCloseであり、別のシリーズを分析したい本当に正当な理由がない限り、AverageまたはCloseを使用することをお勧めします。

さらに、チャートペインにカスタムインジケーターを追加する場合、分析するデータ系列としてカスタムインジケーターを選択できます。記事、 カスタムデータシリーズの分析、これについて詳しく説明します。

極性

極性は、正または負のいずれかです。デフォルト設定は 正。 負の極性は、Prescient Lineプロットを反転します。説明できない理由で、Prescient Lineを反転すると、特定の市場で優れた結果が得られる場合があります。それでも、これは例外です。したがって、負の極性を使用して市場を徹底的にバックテストしてこのシナリオを検証していない限り、極性を正に設定したままにしてください。

パラメータウィンドウで極性設定を上書きするには、 ptPolarity AFL変数を0または1に変更します。

  • 0 =ポジティブ
  • 1 =負

When running a backtest or optimization, you may set the AFL variable to an array, to dynamically vary the value on each bar.

PLベース

PLベース Prescient Lineの計算に使用される重み付けアルゴリズムを指します。に設定できます 振幅, , 周波数 または 周波数反転。デフォルト設定は .

Prescient Lineは、すべての有効なサイクルピークを1つの複合グラフに結合することによって生成されます。サイクルピークを結合する従来のアプローチは、振幅を追加することです。このアプローチは完全に有効ですが、通常、長い周波数は短い周波数よりもはるかに大きな振幅を持ちます。これにより、より長い頻度に非常に多くの重みが割り当てられる可能性があり、グラフは短期の取引には役に立たなくなります。

最大周波数 以下で説明する設定を使用すると、特定のしきい値を超える頻度をフィルタリングできるため、短期取引により適した短期頻度に集中できます。このアプローチは効果的ですが、やや粗雑です。これは、短期取引でも効果がある長期サイクルの効果を完全に無視するためです。また、任意のカットオフを選択する必要がありますが、特定の取引シナリオでは最適である場合とそうでない場合があります。

長期的なバイアスを排除するためのより洗練された方法は、 振幅ではなく。サイクル強度は、振幅を周波数で除算したものとして定義されます。たとえば、周波数が10で振幅が50のサイクルの強度は5になります。周波数が100で振幅が250の別のサイクルの強度は2.5になります。したがって、サイクルを振幅で重み付けする場合、長期サイクルは短期サイクルの5倍の重みを持ちます。ただし、強度で重み付けすると、短期サイクルの重みは長期サイクルの2倍になります。

パラメータウィンドウでPLベーシス設定を上書きするには、 ptPLBasis AFL変数:

  • 0 =振幅
  • 1 =強度

When running a backtest or optimization, you may set the AFL variable to an array, to dynamically vary the value on each bar.

ルックバック範囲

ルックバック範囲 最長サイクル周波数の乗数です。サイクル分析に使用されるデータ系列の量を指定します。これは1〜10の範囲で、デフォルト値は3です。たとえば、データ系列に3,000バーが含まれ、最大頻度が300に設定され、ルックバック範囲5を指定するとします。300X 5 = 1,500バー3,000バーのうち、最新の1,500バーのみが分析されます。低いルックバック範囲を指定すると、PrescienTraderは古いデータを無視します。これは、最新のデータほど関連性がない場合があります。ただし、サンプルサイズを小さくすると、最近の価格の異常により統計エラーが発生し、分析が歪む可能性が高くなるため、トレードオフになります。 PrescienTraderのアルゴリズムはこれをある程度補償しますが、アルゴリズムは与えられたデータでのみ機能します。

パラメータウィンドウのルックバック範囲設定を上書きするには、 ptLookbackRange AFL variable. When running a backtest or optimization, you may set the AFL variable to an array, to dynamically vary the value on each bar.

最小頻度

最小頻度 PrescienTraderがサイクル分析を実行するときに考慮する最小(最速)周波数です。デフォルト設定は10バーです。これはほとんどの市場で問題ないはずです。ただし、ノイズの多い市場を分析している場合、または長期取引を行うことにのみ関心がある場合は、最小頻度を増やして価格データからノイズの一部を削除できます。

パラメータウィンドウで最小周波数設定を上書きするには、 ptMinFrequency AFL variable. When running a backtest or optimization, you may set the AFL variable to an array, to dynamically vary the value on each bar.

最大周波数

最大周波数 PrescienTraderがサイクル分析を実行するときに考慮する最大(最低)頻度です。デフォルトおよび最大許容設定は300バーです。短期取引の場合、デフォルト設定の300により、Prescient Lineに長期的なバイアスが生じる場合があるため、最大頻度を減らすことが有益な場合があります。 300バーを超えるサイクルを分析する場合は、より高い期間に切り替えることができます。たとえば、毎週の時間枠で300バーサイクルを分析することは、毎日2,100バーサイクルを分析することと同等です。

パラメータウィンドウで最大周波数の設定を上書きするには、 ptMaxFrequency AFL variable. When running a backtest or optimization, you may set the AFL variable to an array, to dynamically vary the value on each bar.

高調波フィルター

JMハーストの調和の原理は、有効なサイクルピーク周波数が幾何学的に進行し、各ピーク周波数が以前のピーク周波数の約2倍の長さであると主張しています。たとえば、10バールのピーク周波数の後に20バールのピーク周波数が続き、40バールのピーク周波数などが続きます。 高調波フィルター 振幅が大きいピークを優先することにより、互いに近すぎるサイクルピークを除外します。調和の原理は正確ではなく、より経験則なので、0〜100のスケールでフィルターを調整できます。デフォルトは50です。0に設定すると、フィルターは適用されません。 100に設定すると、各サイクルのピーク周波数が前のピーク周波数の長さの少なくとも2倍である必要があるように、厳密な幾何学的な進行が強制されます。 50に設定すると、各ピーク周波数は前のピーク周波数の長さの少なくとも1.5倍である必要があります。

パラメータウィンドウの調和フィルタ設定を上書きするには、 ptHarmonicFilter AFL variable. When running a backtest or optimization, you may set the AFL variable to an array, to dynamically vary the value on each bar.

最小フィットネス

最小フィットネス allows you to filter out cycles that fail to meet the specified statistical threshold and are likely just noise. The default value is 50. When 最小フィットネス is set to a value greater than 0, PrescienTrader performs a sophisticated statistical test on each cycle frequency and returns a fitness score ranging from 0 – 100. Cycle peaks must meet or exceed the Min Fitness to be included when calculating the Prescient Line.

You can override the Min Fitness setting in the Parameters window by setting the ptMinFitness AFL variable. When running a backtest or optimization, you may set the AFL variable to an array, to dynamically vary the value on each bar.

ベストXサイクル

ベストXサイクル allows you to specify the maximum number of cycle peaks that will be used to generate the Prescient Line. The default value is 10. Cycle peaks will be prioritized by Fitness. If PrescienTrader finds more peaks than the number specified by Best X Cycles, it will filter out the lowest fitness peaks.

You can override the Best X Cycles setting in the Parameters window by setting the ptBestXCycles AFL variable. When running a backtest or optimization, you may set the AFL variable to an array, to dynamically vary the value on each bar.

サイクルソート

PrescienTraderは、AmiBrokerで詳細なサイクルレポートを生成します 解釈 窓。の サイクルソート パラメータは、レポートでのサイクルのソート方法を決定します。デフォルト設定では、それらを並べ替えます 周波数。または、次の方法で並べ替えることができます 振幅、最初に最大振幅のサイクルを表示します、または 、最も強いサイクルが最初に表示されます。強度は、振幅を周波数で除算して計算されます。たとえば、振幅が200で周波数が50のサイクルの強度は200/50 = 4です。

パラメータウィンドウのCycles Sorting設定を上書きするには、 ptCyclesSorting AFL変数。

チャート設定の保存/消去

PrescienTraderには、さまざまな市場とさまざまな時間枠に合わせてアルゴリズムを調整できる多くのパラメーターが用意されています。多くの異なる市場の分析を開始すると、チャートを切り替えるたびにパラメーターを調整するのに時間がかかることは言うまでもなく、どのパラメーター設定がどのチャートに適用されるかを追跡することはすぐに複雑になります。

これらの問題に対処するため、PrescienTraderでは、[パラメーター]ウィンドウを開いて[ チャート設定を保存 ボタン。これにより、そのチャートのパラメーター設定のみが保存されます。ティッカーシンボルと時間枠の各組み合わせには、独自のパラメーターセットがあります。したがって、AAPL日次チャートのパラメーター設定を保存してから、AAPL週次チャートに切り替えて、まったく異なるパラメーターセットを保存できます。日次チャートと週次チャートを切り替えるたびに、パラメーターが自動的に更新されます。

に影響するパラメータのみ 分析 一連のデータが保存されます。チャートの外観に影響するパラメーターは保存されません。これは、これらのパラメーターが特定のチャートではなく、すべてのチャートに適用されるためです。たとえば、1つのグラフだけのPrescient Lineプロットの色を変更しても意味がありません。別のチャートに切り替えるたびにプロットの色が変わると混乱するでしょう。

具体的には、次のパラメータは ない 保存される:

  • データシリーズ
  • サイクルソート

保存されたパラメーター設定は、パラメーターウィンドウに表示される設定を上書きします、したがって、設定を保存したチャートの設定を変更しても、変更した設定は効果がなく、チャートは保存した設定を引き続き使用します。保存した設定を削除するには、をクリックします 晴れ ボタン。保存した設定をクリアすると、PrescienTraderは[パラメーター]ウィンドウに表示された設定を使用するように戻ります。をクリックすることもできます すべてリセット [パラメータ]ウィンドウに保存されているチャート設定を強制的に表示するボタン。

デフォルト設定を保存

個々のチャートの設定を保存することに加えて、保存することもできます デフォルト 新しいチャートに適用できる設定。保存されたチャート設定とは異なり、デフォルト設定は ない 表示された設定を上書きします。クリック すべてリセット [パラメータ]ウィンドウのデフォルト設定に戻すボタン。チャートに設定が保存されている場合、[すべてリセット]はデフォルト設定ではなく、保存された設定に戻ります。デフォルト設定が必要な場合は、最初に「クリア」ボタンをクリックして保存済みの設定をクリアし、次に「すべてリセット」ボタンをクリックします。

The API Key and Log File Path are saved automatically, even if you don’t click the デフォルト設定を保存 ボタン。

HTP1 / HTP2

HTPは、 より長い期間。 PrescienTraderでは、最大2つの期間のPrescient Linesを1つのチャートペインにオーバーレイできます。異なるパラメーター設定を使用して、同じ期間をオーバーレイすることもできます。たとえば、基本期間が毎日の場合、HTP1とHTP2を使用して、異なるパラメーター設定で追加の日次チャートをプロットできます。

  • 限目 HTPパラメータセクションにあるパラメータは、HTP1およびHTP2オーバーレイの期間を設定します。利用可能な期間は次のとおりです。
    • オート
    • ダニ
    • 第二
    • 週間
  • 周期周波数 パラメーターは、選択した期間の頻度を指定します。たとえば、期間を 週間 および期間Freq 4、4週間のPrescient Lineオーバーレイが作成されます。

Periodパラメーターを オート、PrescienTraderは、基本期間に対してより高い期間を自動的に選択します。たとえば、基本期間が日単位の場合、HTP1には週単位、HTP2には月単位が使用されます。

The parameter settings in the HTP1 and HTP2 sections operate the same way as the corresponding settings in the main section. The only difference is, these settings are specific to the HTP1 and HTP2 analyses. You can independently adjust Min Frequency, Max Frequency, Lookback Range, Harmonic Filter, Min Fitness, Best X Cycles and PL Basis for each of the three time periods.

この記事は役に立ちましたか?
嫌い 0
ビュー: 519
永遠に無料
毎日の取引シグナル
PrescientSignalsより
申し込む
購読すると、毎日メール受信ボックスに配信される無料の取引シグナルを受信できます
無料の信号は1週間遅れます。これにより、先週の予測と実際の結果を比較することで、PrescientSignalsサービスをリスクなしで評価できます。
永遠に無料
PrescientSignalsによる毎日の取引シグナル
申し込む
購読すると、毎日メール受信ボックスに配信される無料の取引シグナルを受信できます
無料の信号は1週間遅れます。これにより、先週の予測と実際の結果を比較することで、PrescientSignalsサービスをリスクなしで評価できます。